建設業労働災害防止協会山形県支部

山形県支部のご案内

  • HOME > 
  • 山形県支部のご案内

活動内容

建設業労働災害防止協会(建災防)は、昭和39年(1964年)9月に労働災害防止団体法に基づいて設立され、建設業を営む事業主および事業主の団体を会員として、建設業における労働災害の防止を図ることを目的に、事業主、事業主の団体等が行う労働災害防止のための活動を支援するさまざまな事業を実施しています。 特に山形県支部では全国に先駆けて教育設備の整備を図るため平成10年に寒河江市に「建設業技能安全センター・セーフティプラザ山形」(14,562㎡)を開設。センターには雨天、降雪時でも使用できる実習棟、視聴覚設備を活用した研修棟の建設、建設業における労働災害撲滅のため安全祈願之碑を建立し、「働く人々総ての安全と健康」をめざして運営しております。

建設業技能安全センター

〒990-0505 寒河江市大字白岩字久保川原1660
TEL:0237-83-2211   FAX:0237-83-2212

建災防の会員の特典

各種技能講習、安全衛生研修会等の開催日程などの情報の提供が受けられます。
各種講習において、テキスト代等の一部を当支部が負担しますので非会員より安く受講できます。
広報誌「建設の安全」を年10回、年4回「建設の安全号外」配布します。(購読料は年会費に含まれます。)
各種安全衛生教育テキスト、安全衛生技術手引書、安全衛生用品などの頒布が受けられます。
安全管理士・衛生管理士及び安全指導者による技術指導、安全診断、安全パトロールが受けられます。また、安全衛生に係る相談、講師派遣を要請することができます。
建設業労働災害防止大会、全国安全週間や労働衛生週間など、安全意識の高揚を図るための各種大会・運動に参加できるほか、各種週間・月間の実施要領の配布が受けられます。
建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS)の導入等について支援が受けられるほか、同システムに関する情報の提供が受けられます。
労働災害統計資料、安全衛生情報等の提供が受けられます。 労働災害統計資料、安全衛生情報等の提供が受けられます。

加入案内

建災防は、建設業を営む事業主が、自主的に労働災害防止活動を推進することを目的に組織された団体です。一人でも多くの事業主の方に会員として加入していただき、それぞれの事業主の方々が連携しながら、業界全体が一丸となって労働災害防止活動に取り組むことが重要であり、これによってはじめて効果的な災害防止活動が推進できるものと考えております。 当協会に未加入の建設企業におかれましては、この機会にご加入いただき、ともに労働災害ゼロの目標に向かって努力していきましょう。
ご加入の申し込みは以下のリンクから申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、山形県支部へ手続きしてください。